尾崎坡酔

尾崎坡酔(おさき はすい)
尾崎坡酔 自由律俳句

本名・尾崎 脩三(おざきしゅうぞう)
別号・巴水
1883年(明治16年) – 1939年(昭和14年)

河東碧梧桐に師事していた.
「層雲」が創刊された際、選者の一人であった。
同じく鳥取市出身の俳人である尾崎放哉とは文学仲間であり、坡酔のほうが2つ年上になる。
鳥取の「もう一人の尾崎」と呼ばれる所以である。
正岡子規の高弟として著名であった俳人坂本四方太が鳥取出身だったこともあり、坂本四方太を中心にした「卯の花会」があった。
坡酔はその「卯の花会」で四天王に次ぐ副将格の一人と目されていた。
この会には尾崎放哉も参加していたと見られている。
地元紙「因伯時報」で俳壇を担当する。
坡酔の次男に嫁いだ尾崎三智子氏により「鳥取の俳人尾崎坡酔」が刊行されており、その著者である小山貴子氏は坡酔を「鳥取俳句史上のキーパーソン」としている。

略歴

鳥取県鳥取市元魚町出身。
鳥取県第一中学校卒(現在の鳥取西高校)
鳥取育児院で事務の仕事につき、慈善活動写真の主任をする。
鳥取キネマ株式会社を経営し、「帝国館」や「世界館」などの映画館を経営するなど実業界でも活躍、鳥取の映画王と言われる。
日活のロケ隊を鳥取砂丘や浦富海岸に誘致する。
鳥取県興行組合長歴任。

参考文献

「鳥取の俳人尾崎坡酔」小山貴子編著 2015年 尾崎三智子発行

井上泰好

井上泰好(いのうえ やすよし)
井上泰好 自由律俳句

1930年(昭和5年) – 2015年(平成27年)11月2日

層雲同人、「放哉」南郷庵友の会の幹事として活動。
「放哉」南郷庵友の会が主催し、平成26年まで開催された自由律俳句の放哉賞など、尾崎放哉の顕彰活動で大きな功績を遺した。
「放哉の生き字引」とも言われるほど、放哉についてよく知っていた人物である。
平成23年度層雲賞を受賞。
自由律俳人で尾崎放哉を小豆島で世話をしたことで知られる井上一二の従甥に当たる。

代表句

・幸せかと問われ黙って秋刀魚焼いている(山頭火生誕地賞受賞句)
・土筆天を指しふるさとの空

略歴

香川県小豆島在住
社会福祉法人ひまわり福祉会理事長

第一回尾崎放哉賞が開催されます

小説などには公募されている各種の賞があります。
こうした賞を通じて新人作家が次々に輩出される仕組みとなっています。
しかし、自由律俳句にはそうした賞があまりないのが現状です。

好きな句を好きなように詠むのであれば、別に賞は必要ないという考えもあるかもしれません。
ですが、賞があることにより、受賞を目指して、俳人それぞれが研鑽していく場が生じます。
つまり、句作のための磁場が生じるわけです。
そうした意味では自由律俳句の世界でも、核となるような賞が必要だと思われます。

1a0620ce5371b8d3efceee5a4ebd22b5_s

かつては、「放哉」南郷庵友の会が主催する放哉賞がありました。
しかし、残念ながら平成26年の第16回を持って終了してしまってます。

今回、それを受け継いで、小山貴子氏が主宰する自由律俳句結社「青穂社」が主体となり、「第一回尾崎放哉賞」の開催が決定されました。
実行委員長にはきむらけんじ氏が大会事務局長には西川勝氏が当たっています。
協賛、後援には主要な自由律俳句団体をはじめ、マスコミ、鳥取県などもいて、今後の自由律俳句発展の核となることが期待されています。

一般の部では尾崎放哉大賞(賞状と賞金10万円) を選出、また、優秀賞(賞状と賞金1万円)5名と入賞者(賞状とクオカード3千円分)10名が選ばれます。
また、次代の自由律俳句を担う高校生の部もあり、こちらは最優秀賞(賞状とクオカード5千円分)の他、優秀賞(賞状とクオカード2千円分)10名 が選ばれます。

応募締め切り日2017年12月10日(日)

詳細はこちらをご覧ください。