住宅顕信

住宅顕信(すみたく けんしん)

住宅謙信 自由律俳句

本名・住宅春美
1961年(昭和36年)3月21日 – 1987年(昭和62年)2月7日

1980年代に突如現れ、3年間で281の俳句を残し、わずか25歳にしてこの世を去った。
尾崎放哉に強い影響を受けている。
鮮烈な登場と死と共に、放哉や山頭火に匹敵するレベルの高い句を残した俳人である。
世に広く知られるようになったのは、生前に親交のあった池畑秀一などの尽力による。

代表句

・若さとはこんな淋しい春なのか
・ずぶぬれて犬ころ
略歴

岡山市に生まれ、市立石井中学校卒業後、下田学園調理師学校を卒業。
4歳上の女性と同棲、後、結婚して子供を授かる。
市役所の臨時職員として清掃の仕事をしながら、僧侶への道を歩む。
浄土真宗の僧侶となるが、急性骨髄性白血病を発症。
妻とは離婚し、子供を引き取り病室で育てる。
自由律俳句の雑誌「層雲」に加わり、句作を行う。
層雲を離れ、藤本一幸の主宰する自由律俳句誌「海市」に参加し、後、編集同人となる。
病状悪化し、25歳で永眠。

 

参考文献

ずぶぬれて犬ころ

未完成―住宅顕信句集 (顕信文庫)

住宅顕信読本―若さとはこんな淋しい春なのか