放哉の小径紀行(鳥取県鳥取市)ー前編

放哉の小径

尾崎放哉 自由律俳句

鳥取県鳥取市生まれの自由律俳人、尾崎放哉が生まれたのは西暦で言うと1885年です。
その生誕130年を記念して鳥取市に「放哉の小径」が設定されています。
パンフレットがあるので掲載しておきます。
放哉の小径 地図
場所は放哉の生誕地周辺になります。
放哉の生家は元鳥取藩士だったこともあり、鳥取城のある久松山の麓付近に放哉の小径があります。

パンフレットの左上のほうに鳥取城や鳥取県庁があります。
鳥取西高等学校から始まり、そこから南のほうに下る感じで、最後は尾崎放哉生家跡まで続いています。

つまり、鳥取市の観光スポットである鳥取城とコラボ出来る絶好のロケーションにあるので、訪ねてみるには最適の場所です。
きっと若き日の放哉が歩いた場所を実際に巡ってみれば、放哉への思いはさらに高まると思います。

ここでは放哉の小径をご紹介します。

●旧鳥取県立第一中学校

放哉の小径の出発点は鳥取西高等学校になります。
尾崎放哉 鳥取西高等学校
ここは放哉が卒業した鳥取県立第一中学校の後身に当たります。
中学時代の放哉は野球や文学に活躍していました。
その後のエリートコースを期待させる前途洋々たる少年時代だったと言えるでしょう。
放哉は鳥取藩の時代に藩校であった尚徳館の流れをくむ、この名門の鳥取一中を卒業して東京へと羽ばたいていきました。

※尾崎放哉の中学時代の俳句

この鳥取西高等学校は鳥取城の堀の内側にあり、元々、鳥取城三の丸があった場所だそうです。
因みに上の写真の背後に写っている山が久松山で、この頂上に鳥取城がありました。

●吉川経家公の像

上記の鳥取西高の敷地のすぐ横に「吉川経家公」の像が建っています。
鳥取城 吉川経家
鳥取城といえば、かつて織田信長方と毛利方が戦った鳥取城での攻防戦が有名です。
実際に現地で戦ったのは中国攻めを任されていた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と石見の国から来た毛利方の将である吉川経家です。
2万の敵の大軍に対し、毛利方の吉川経家は1800の兵と2000人の農民たちと共に援軍を待ちながら天然の堅固な城塞である鳥取城に籠城し、徹底抗戦をします。
しかし、毛利方の兵糧運び込みも失敗、また、たくさんの農民たちがいたこともあり、食料が尽き、餓死者続出という悲惨な状況に陥ります。
最早これまでと覚悟を決めた経家は自らの命と引き換えに城内の者の助命を願って自決します。
まだ30代半ばの経家には幼い子供たちがおり、子どもたちにわかるように、ひらがなで次のような手紙を残しています。一番下に書かれているのが子どもたちの名前です。

とつとりのこと よるひる二ひやく日 こらえ候
ひゃう(ろう)つきはて候まま 我ら一人御ようにたち
おのおのをたすけ申し 一門の名をあげ候
そのしあわせものがたり
おきゝあるべく候    かしこ
天正九年十月二十五日    つね家 花押
あちやこ 申し給へ   かめしゆ まいる   かめ五   とく五

内容を現代風に言うと「お父さんは鳥取で200日間頑張りました。でも、食べものがなくなってどうしようもなくなりました。だからお父さんの命と引き換えにみんなを助けることにしました。これで一門の名も上がると思います。この幸せな物話を是非聞いてください」というような感じです。

この戦いは「鳥取城渇え殺し」と呼ばれています。
因みに秀吉に従って、この戦いを主導したのがNHK大河ドラマの「軍師官兵衛」でお馴染みの黒田官兵衛です。


この話をモチーフにした鳥取城のマスコットとして「かつ江(渇え)さん」が発表され話題になりましたが、わずか三日で公開停止にされています。
かつ江さん
この鳥取城内には鳥取県立博物館や旧鳥取藩主池田家の別邸であった仁風閣(じんぷうかく)という国の重要文化財に指定されている洋館があります。また久松公園は桜の名所としても有名です。

せっかくですから、いろいろと回って鳥取の歴史や文化を感じてみると良いでしょう。

放哉の小径紀行(鳥取県鳥取市)ー中編に続く

「●尾崎放哉特集●」に戻る