井上一二

井上一二(いのうえ いちじ)

井上一二 自由律俳句

本名・井上文八郎
1895年(明治28年)1月20日 – 1977年(昭和52年)8月
荻原井泉水の門下となり、自由律俳人としても活躍。層雲同人。
政治家・経済人・文化人であり、「飄々とした中にもきりっとした人格者」だったと伝えられる。
小豆島に突然やってきた尾崎放哉に対して、いろいろと思うところはあっても、島の有力者として世話したことでも知られる。
同じく、層雲同人の杉本玄々子と共に、小豆島での尾崎放哉の生活を支えた。

 

代表句

・あたままろめて来てさてどうする
・海恋ふて風呂敷かかへて来た

略歴

小豆島の渕崎にある醤油醸造業の裕福な家の次男として生まれる。
荻原井泉水の門下となる。
井泉水に尾崎放哉のことを頼まれるが、適したところが見つからず、断るつもりが、放哉が突然やってきた。
地元の名士であり人格者である一二と生活破綻者の放哉ではそりが合わないこともあったが、きちんと世話をしたと言われる。
渕崎村長、香川県議など政治的にも活躍、会社社長、土地改良区組合長、小豆島ロータリークラブの初代会長など、経済的、社会的にも活躍した。
淵崎村長の時代には大阪の東洋紡績の誘致に成功し、雇用の創出を図るなど活躍した。
享年82歳にて多くの人に惜しまれて亡くなる。
姉の孫、つまり従甥に自由律俳人の井上泰好がいる。

 

参考文献

新装版 海も暮れきる (講談社文庫)