大山澄太

大山澄太(おおやま すみた)

大山澄太 自由律俳句
1899年(昭和32年)10月21日 – 1994年(平成6年)9月26日

荻原井泉水の「層雲」に加わり、自由律俳人として活躍。
また山頭火の著作を編集したり、「俳人山頭火の生涯」「山頭火の道」を執筆するなど種田山頭火を世に出した人物として有名である。
句集に「五十年」がある。

代表句

・あめに目をあけてあまがえるぬれている
・落ちてどんぐり坐つている
・坐しては観る山のむこうの山
略歴

岡山県井原市で出生。
大阪貿易語学校英語科を卒業。
逓信省に入省後、逓信講習所教官、逓信事務官の他、内閣情報局嘱託や満州国郵政局講師など、官吏としても活躍している。
戦後は愛媛県で社会教育や執筆を行っており、昭和38年に愛媛県教育文化賞を受賞した。
座禅を山崎益洲老師の元で学び、宗教家としても知られる。
「坐禅五十年」「般若心経の話」などの著書もある。
その他、数十に及ぶ著書、共著などがある。

参考文献

俳人山頭火の生涯

山頭火の道

山頭火著作集〈1〉あの山越えて (1972年)

山頭火の宿