種田山頭火

種田 山頭火(たねだ さんとうか)
種田山頭火 自由律俳句
本名・種田正一
1882年(明治15年)12月3日 – 1940年(昭和15年)10月11日

旅を愛した俳人として、各地を遍歴した。同じ自由律俳人として尾崎放哉と並び称されている。放哉の静に対して、山頭火は動と言われる。
荻原井泉水の主宰する層雲で活躍した。

代表句

・うしろすがたのしぐれてゆくか
・まつすぐな道でさみしい
・分け入つても分け入つても青い山

…等、多数。
略歴

山口県西佐波令村の大地主の家に生まれる。
山頭火が11歳の時に母親が自殺した。
旧制山口中学を卒業し、早稲田大学文学部に入学。その後、神経衰弱により大学を退学した。
山口に戻り家業の造り酒屋を手伝うようになる。
その後、結婚して子供を授かる。
荻原井泉水の「層雲」に寄稿するようになり、井泉水の門下となる。
しかし、実生活は上手くいかず、父親の放蕩と山頭火の酒が災いして破産する。
妻子とともに熊本市に行き、古本屋を営む。
これも上手くいかず、妻とは離婚し、東京へ向かう。
この頃、弟も自殺。
関東大震災に遭い、熊本の元妻の所に帰ってくる。
泥酔して路面電車を止める事件を起こしたことから、寺に連れていかれ、それが縁で得度する。
名を「耕畝」と変えて、味取観音堂の堂守となる。
その後、雲水姿となり旅をしながら句作を行なう山頭火の典型的なイメージとなる生活に入る。。
郷里である山口の小郡町に「其中庵」を結庵。
しかし、体調不良などによる精神的な不安定さにより、自殺未遂。
その後、山口にある湯田温泉に「風来居」を経て、松山市に移り「一草庵」を結庵。
この「一草庵」にて念願のコロリ往生をする。
享年58歳。

参考文献

山頭火句集 (ちくま文庫)

山頭火百景 さてどちらに行かう風がふく

俳人山頭火の生涯

尾崎放哉

尾崎 放哉(おざき ほうさい)

尾崎放哉 自由律俳句

本名・尾崎秀雄
1885年(明治18年)1月20日 – 1926年(大正15年)4月7日

自由律俳句の俳人としては、種田山頭火と並んで著名な俳人である。山頭火の動に対して、放哉は静と言われる句風を持つ。

荻原井泉水の下で、層雲紙上で活躍した。

詳しくは「●尾崎放哉特集●」を参照

代表句

・咳をしても一人
・いれものがない両手でうける
・春の山のうしろから烟が出だした(辞世)

…等、多数。
略歴

現在の鳥取県鳥取市に士族の家の次男として生まれる。
鳥取県立第一中学校、第一高等学校を経て、東京帝国大学法学部を卒業。
句作は既に14歳の頃から始めていた。
その後、通信社を経て、東洋生命保険株式会社に入社。
結婚もして、順調にエリートコースを歩む。
東洋生命保険大阪支店次長や本社の契約課課長など管理職を経験するが上手くいかず退社。
この東洋生命保険にいるときに、自由律俳句に転向する。
その後、再起を期して朝鮮火災海上保険の支配人となり、朝鮮に行ったたが罷免される。
さらに満州に向かうが肋膜炎が悪化し現地で入院。
帰国後、京都の一燈園に一人で入り、暮らす。
これ以後、流浪の俳人となる。
知恩院塔頭常称院、須磨寺大師堂、福井県小浜常高寺などを転々。
京都の荻原井泉水のもとに転がり込む。
海の見えるところで死にたいという放哉の願いがあり、井泉水や小豆島の層雲同人である井上一二、杉本玄々子らの計らいで終焉の地となる小豆島の西光寺奥の院南郷庵に入る。
大正15年に41歳の若さで死す。
死因は癒着性肋膜炎湿性咽喉カタル。
戒名は杉本玄々子と井泉水により大空放哉居士と名付けられる。

参考文献

尾崎放哉全句集 (ちくま文庫)

新装版 海も暮れきる (講談社文庫)

尾崎放哉随筆集 (講談社文芸文庫)